第12号

宇野理論を現代にどう活かすか」Newsletter (第2期第12号-通巻第25号-)

「宇野理論を現代にどう活かすか」Newsletter(2 ―12)

発行:2013年11月24日

「宇野理論を現代にどう活かすか」Newsletter(第2期第12号−通巻第24号−)をお届けします。

本号は2部構成になっています。

本号第Ⅰ部は、若手研究者による恐慌論特集「恐慌と信用をめぐって」であり、大学院生を多く含んだ5名にのぼる研究者から恐慌論、および恐慌・景気循環に関連する信用論をテーマとする論考が寄せられています。
各論文の内容は、恐慌論・信用論の理論的研究から学説史的実証的検証・さらにアメリカや韓国を対象とした現状分析等々に至るまで広範な領域を扱っており、力作揃いの特集となっています。
結果として本号特集は、宇野理論ないしその近傍にいる若手研究者の今日の問題意識の在り処が端的に概観できる、その意味で時宜を得た有意義な試みになったと自負しています。

また第Ⅱ部では、本号に投稿された論文1本を掲載します。第Ⅰ部の諸論考と同様、この論考も大部な力作です。

各論文の要旨は、以下の「解題」をご覧下さい

【特集論文】《恐慌と信用をめぐって》

  1. pdficon江原慶 :「恐慌論における商業資本」
  2. pdficon岩田佳久:「ウォルター・バジョットと通貨原理」
  3. pdficon横川太郎:「『シャドーバンキングシステム』の形成とその実態―ミンスキー理論から見た1990年代以降の商業銀行業―」
  4. pdficon小林陽介:「アメリカにおける企業と投資銀行との関係の変化について―1980年代における証券発行を中心として―」
  5. pdficon李素軒 :「研究ノート:金融化(Financialization)の諸論点について」

【投稿:ワーキングペーパー】

  1. pdficon新田滋 :「マルクス経済学と限界原理」

【一括ダウンロード】
pdficon一括ダウンロード(zip+PDF形式:7235KB)

【他サイト掲載論文】

  1. 新田滋 :「2008年恐慌における資本の絶対的過剰と管理通貨制―宇野『恐慌論』/大内『国家独占資本主義』再考-」『専修大学社会科学研究年報』(2013年6月)(当該月報全体がPDFフォーマットでダウンロードされます)

編集担当 吉村信之

【活動報告・会計報告】
宇野Newsletter第2期が始まっていらい3年余りが過ぎました。今年度の活動報告と会計報告をお送りします。

事務局 横川信治

このNewsletterは皆様の寄付によって維持されています。一人年間1,000円程度を目処にご寄付をいただければ幸いです。 詳しくは、ご寄付のお願い をご覧ください。

「宇野理論を現代にどう活かすか」Newsletter
編集委員:横川信治、植村高久、新田滋、清水真志、吉村信之、田中英明、清水敦
Editorial Board (English): Nobuharu Yokokawa, Richard Westra, Costas Lapavitsas, Robert Albritton, Makoto Nishibe
顧問委員:櫻井毅、山口重克、柴垣和夫、伊藤誠
Webマスター:小野成志、杉本伸
事務局:〒176-8534東京都練馬区豊玉上1-26-1 武蔵大学経済学部 横川信治
電話:03-5984-3764 Fax:03-3991-1198
E-mail:contact[at]unotheory[dot]org
宇野理論を現代にどう活かすか第II期ホームページ http://www.unotheory.org